クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所 /  清水 健

(撮影:清水健/クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所staff)

どれだけお世話になったかわかりません…
妻の闘病中から
泣いたらアカンと思っていても、先生のこの「笑顔」に、
どれだけ救われたか…

泣き、笑い、妻が”つなげてくれた”出逢い。
清水健にとって、
夫律子先生、クリフムの皆様との「出逢い」は最高のご褒美です。

医師との関わり方や、クリニックとの関わり方は様々で、
正解なんてないけれど、僕たちの中での唯一の答えが、
大切な「想い」のもと、ここにはあるのかもしれない…。

一緒に闘ってくれました。一緒に向き合ってくださいました。
妻がどれだけ心を救われたか、僕自身も、家族も。そして、お腹の赤ちゃんも…。

   
(撮影:清水健)                     (撮影:清水健staff  夫律子先生と西川先生)

意識がなくなってしまった妻に…、
海外の学会から帰国してすぐに、妻に逢いに来てくださったこと、
妻にとって、息子にとって、家族にとって、
主治医を超えた「想い」に心から感謝申し上げます。

カッコつけて、どこでも泣けず、でも、先生の前ではおもいっきり泣けた、泣かせていただいた。
ご迷惑だったと想う。
でも、一緒になって、悩み、泣いて、そして「健ちゃん、パパだよ」って叱ってくださいました。

その意味が「今」、やっと少しずつかもしれませんが、わかりはじめてきました。
“寄り添う”、”向き合う”、先生、クリニックの皆様の「想い」を一緒になって拡げていきたいです。

大切な人のために、これからも。

信頼できる大切な「想い」、信頼できる大切な「信念」、

    
夫律子先生との出逢いは、妻が与えてくれたご褒美です

         

    
(クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所 待合室)  (クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所にて)

Support

 

 

Facebook