「今日は」清水健

33回目の月命日

この時期 いっぱい悔し涙を
なんでや おかしいやろって

うーん 今日は…

笑顔で いよう
息子と 家族と 一緒に

関連記事

  1. 「小学校の体育館で」清水健

  2. 「傘をもつから」清水健

  3. 「特別講演会…」清水健『笑顔のママと僕と息子の9…

  4. 「心洗われ」清水健

  5. 「第一回の意味…」清水健

  6. 「どう答えよう…汗」清水健

コメント

    • 前田洋子
    • 2017年 11月 11日

    たくさんのお花に囲まれて~
    今日は静かに~笑顔でね🎵
    私も今日で15年。。静かに~と思ったら、、相変わらずバタバタです💦💦
    でも、それが私の笑顔のもと✌️✌️
    来週の土曜には、、心からの想いの歌声に触れてきます(*^▽^)/★*☆♪

    • 津村清美
    • 2017年 11月 11日

    こんにちは。

    少し疲れているんですよ!
    悔し涙も、奈緒さんへの想い。また、講演会で出逢う皆さんの想いをいっぱいいっぱい受け止めてくれる暖かい健さん。心がいっぱいになっていませんか?
    息子くんに助けられて下さいね。

    • yasuyo nojiri
    • 2017年 11月 11日

    今日もお疲れ様です。

    きっと、きっと、

    その笑顔が、奈緒さんも一番嬉しいはず。

    この時期に、たくさんたくさん感じた想いがあるからこそ、

    いまギュとハグに愛してるのしあわせな時間、光を感じることができるのだと思います。

    でもね、
    奈緒さんは、けして不幸ではなかったと仰ってると思いますよ。
    少し先にあちらの世界にはいったけど、いろんなことが見えてきて、受け入れて、健さんに、息子さんに、ご家族さまに、感謝の念いっぱいでいらっしゃると感じます。

    ママの話は、笑顔で思い出してもらえるのが嬉しいと思いますもの。

    • 中西 隆英
    • 2017年 11月 12日

    お疲れ様です。
    昨日、今日とゆっくりされましたか?
    涙…清水さんの心の象徴ですね。涙を流すことへの抵抗感…次第に、心を洗い…そして、素直な想いを表し…
    今、涙の意味が変わろうとしていますね。
    どうかありのままに…
    永六輔さんが生前おっしゃっていました。
    人は二度死ぬ!一度目は、この世から肉体が消える時、2回目は人の心から消える時。
    奈緒さんは、まだ一度だけです。健さんが、いっぱい話をして想いをつなぐことで、奈緒さんは生き続けることができているんですよ。
    肉体のない寂しさを乗り越え、精神の世界でこれからも家族でつながりあっていますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA