「乗り越える」清水健

悲しみを「乗り越える」、最近よく聞く言葉。

確かにそういう考えもあって、
そうあるべきなんだとも想います。

でも簡単じゃない。「乗り越える」必要あんのかなってさえ想う時も。

もちろん、カタチは変えていかないといけない。
でも、それぞれのカタチがあって、だから…、無理には。

だって、大切な人だから。大切な「想い」だから。

もちろん話を聞くことは大事で、
それでスーッと楽になることもあります。

でも、いいじゃないですか、
自分が想う大切な人を、大切な「想い」があればどんなカタチでも。

「今」を生きれば、一人じゃないから。

僕はもうすぐ3年。もしかしたら、少し進んだように…。
でも、全然です、情けないど、僕も進んでなんかいないかもしれない。

でも多くの人に「出逢う」機会をいただき、
だったら、今できることがあるならばマイク握っていきます。

いろんな「場所」で、いろんな「場面」で。

早い人もいれば、時間がかかる人もいる。

いつまでグチグチで言ってんだって言われるかもしれないけど、
僕は、「あの時」「今」「これから」を。皆様と共有したいです。

それが今後、どんな方向で、は、今必死になって考えているけど、
本当の仲間となら、「想い」、伝えられるって信じています!!

笑顔、本当にいろんな意味があって、
その笑顔をみんなで一緒に、少しでも共有したい。

たくさんの、お手紙、Facebookの「いいね」「コメント」、
そこには多くの人の「今」があって、
もがき、苦しみ、でもだからこそ、皆様と一緒にと。

僕は恵まれているのかもしれない、
それも十分に理解していて、
でも、今の僕にできることがあるならば、と心から。

と言っても、なーんにもできないかもしれないけど…汗、
多くの人に「出逢える」、「この時」を大切にしていきます。

みなさん、どうか一緒に。
少しでも「今」と向き合っていらっしゃる方々と…。

そして、そういった方々が本当に多くいらっしゃるということを。

すみません、こんな話で。
皆様に、心から感謝申しあげます。

関連記事

  1. 「11/18 講演会動画」清水健

  2. 「未来の看護師さん」清水健

  3. 「11/19 講演会動画」清水健

  4. 「ちょこっとリハーサル風景」清水健

  5. 「笑顔、涙、拍手」清水健

  6. 「ニューヨーク講演会」清水健

コメント

    • 前田洋子
    • 2017年 11月 23日

    私も大切な母を亡くして、7月にまる2年を迎えました。。そう、シミケンと同じ年の夏。。
    私にとって大きな存在、かけがえのない母を亡くした喪失感は半端なかったです。

    立っていられたのは、紛れもなく、大好きなコブクロさんの存在と歌のおかげでした。。
    ポッカリ空いた心の穴に、すーっと染み込むんですよね。。
    もがき苦しみ、心にまだ蓋をしがちですが、、正直まだ受け止められず、、しっかりと向き合えてない気もする。。
    でも、いつも助けられてます!

    それからまもなく、シミケンさんにも巡りあえた。。病気のことも、いろいろ共通点もあり、、ほんとに今度は親目線。。
    必死に正面から向き合い、、想いを伝えてくれる~その事にどれだけの人が救われてるでしょう。。

    気持ちの整理をするには、人それぞれ。。大切な人への想いの表現もまた違う。。
    それでも、、少しのきっかけで、心ふれあう場所をみんなが見つけられたんでないかな。。
    みんな一人じゃないよ!想いは感じられるよ!いつでもそばにいるよ!って。。
    その架け橋になってくれてる~それはシミケンさんにしか出来ないこと!

    自信持って、前へ進んでくださいな。
    みんな、ゆっくりでも、ついて行くからねー。
    時間かかっても、乗り越えなくてもいいんじゃない?
    もがき苦しんだ心の蓋をそっと開けて、、
    少し風通しをよくして、、
    それで顔をあげて、笑顔になれるよ~
    知らないうちに。。

    ともに歩ませてほしいです!
    何の役にもたたないけど、、そばで見守ることはできるかな。。
    これからもずっとね(*^^*)

    • yasuyo nojiri
    • 2017年 11月 23日

    お疲れ様です。

    悲しみを乗り越える…

    いいえ、
    誰しも乗り越えようと思ってできるものじゃないと思います。
    その悲しみは、悲しみに違いないから。

    ひたすら、いろんな喜怒哀楽を積み重ねて、石に躓いてうずくまったりしながら、必死に歩き続けて、

    ふと、歩いてきた道を、うしろ振り返ってみたら、いつのまにか、悲しみを受けとめられているのかもしれないなと思います。

    でもね、
    その悲しみ、不条理は、けして神さまからのイケずではないんだなと、散々足掻いた結果、そこに以前より成長できるための何かがあったなと、最近つくづく実感しています。

    以前より、いろんな想いを知って感じて、自分ごととして理解にわかるようになった、私の経験と想いは、患者さんに向かい合う上でプラスになっていると、前より想い寄り添えているかもと…

    誰しもみんな、歩みの歩幅や周りの景色は違うのですから、比べる必要もなく、

    比べるのは、過去の自分だけですもの。

    といいつつ、
    ちょっぴり寂しさもつのる日は、うちの子ダックスを抱きしめて、寝息をきいて、ぬくもり感じてます。

    • yasuyo nojiri
    • 2017年 11月 23日

    おはようございます!

    勤労感謝の日も、素敵な出逢いがありますように…

    清水さんの、その誠実さは宝ものですね。
    その宝もので、清水さんの感じてこられた想いを、
    清水さんの言葉だから、お人柄だから伝わることってあると思います。その温度感、大事だなって。

    そして、哀しみ、寂しさ、心細さ、不安を感じてる方々の心に、ひとりじゃないよと寄り添ってくれている、そのぬくもりは、なにより助けられていると思います。

    ほんと、私も共に寄り添い、歩ませてください。
    お背中をずっと応援させてくださいね。

    今日も笑顔いっぱい、行ってらっしゃい(^-^)/~~
    そして、頑張った日はちゃんと、心身癒してあげてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA