「笑顔のママ」清水健

2018年2月11日

3年

この意味を考えようとしてみたけど

もちろんいろんな向き合い方があります
その中で僕は考えることをやめにしました

この日が笑顔の日にかわることは…
もしかしたら後ろ向きな言葉に捉えられるかもわからない

でもそれが今の僕だから

たった一つの正解はないけれど
僕はそういう人間なんだと想う

どう思われようと
僕はそうやって生きていく

でも この日に息子と笑って
でも この日に家族と笑って

過ごしたい

矛盾していることを言っているかもわからない

でもこれが僕の心の言葉

今でもあの日のことははっきりと覚えていて

頑張った日であり
悲しみにくれた日

手を握って ごめんなって
それを ありがとう にはかえていきたい

あの日 妻が何を言っていたのか
自分ではわかっている

だからこそ とことん 悲しみます
だからこそ とことん 笑って過ごします

僕だけじゃなく
今と向き合っていらっしゃる方々がたくさん

時は流れる この時の流れの意味
難しいです 答えはでないような気がします

簡単じゃないよ 前を向く
でも前を向いていきましょう

あえて 一緒に という言葉を

心の言葉

問いかけ 話しかけ
息子を抱きしめ 心を抱きしめます

ありがとう
ありがとうございます

頑張ったよね 悔しいよな
でもこの笑顔 見ててよね

頑張ってるから 小さな笑顔が頑張ってるから

みんなに助けられ 一人じゃない

泣いたっていいじゃないか
その涙が意味あるものだと想う

人生はそれぞれです
たった一つの正解はない

でも これが「今」の僕 息子の前で笑います

みなさま 一緒に これからも

ありがとう
ありがとうございます

今あるのは皆様のおかげです
この場をお借りし 皆様に 心から感謝申し上げます

そして スタッフにありがとう
家族に 息子に 妻に ありがとう

たくさんのお花に囲まれて

清水健

関連記事

  1. 「大きな輪に」清水健

  2. 「沖縄へ」清水健

  3. 「あの時の”笑顔”の意味……

  4. 「遊びはエンドレス」清水健

  5. 「動画:11/10日南看護専門学校」清水健

  6. 「書画からの想い」清水健

コメント

    • 前田洋子
    • 2018年 2月 11日

    パパの手、少し痩せちゃったね。。
    指輪がブカブカだもの。。
    3年の月日を物語ってるのかな。。

    特別な日だもの。。涙も流れて当たり前。
    大切な人だもの。。
    頑張ってるもの、、二人の宝物を守るため。。

    心揺れる日、、無邪気な笑顔と、たくさんのお花に囲まれて~。
    穏やかに過ごせますように~。

    いつも一緒だよって、きっと笑顔で、
    すぐそばに。。

    • yasuyo nojiri
    • 2018年 2月 11日

    おはようございます!

    昨日は朝早くからの講演会、お疲れ様でございました。

    今日は綺麗なお花に包まれて…大切な時間。
    きっと、素敵な香りも満ちているように、
    笑顔に溢れる一日でありますように…

    お花は、優しいフェアリーが宿っていて、哀しみも寂しさも癒してくれますよ🍀
    そんなふうに、疲れているひとに、献身的に自分のエナジーを与えて、枯れていくんですって。
    だから、もし、お花が枯れやすくなってたら、健康に気をつけてくださいね。教えてくれていますよ。

    3年…って、年月じゃないんですよね。
    哀しみがなくなる訳がないのもよくわかるし、いろんな想いが交差しながら、いっぱいいっぱいになるのもわかります…

    意味なんて、いま性急に必要でしょうか…
    きっと、もっともっと走り抜けた後に、人生振り返ってみて、あぁ~そうだったのかな…ぐらいじゃないかしら。もしくは、あの世に帰ってから、奈緒さんと語り合えてからかもしれませんよ。
    正解もそうで、周りに決められてたまるかってね。
    自分しか解らないのですから、周りのある意味、無責任な目は気にする必要もない訳で。

    でも、今年は、息子さんと家族で笑って過ごす!という力強い言葉。
    また一歩、去年とはちがう今日なのではないでしょうか。
    なにより、奈緒さんが嬉しいはずです。
    愛するひとを想えばこそ、自分の哀しみ、辛さに留まっていては、「ゴメンね」と思わせてしまうから、心配かけちゃうから、
    心配しないで、頑張ってるからね!とエールを送ってくれる方がきっといい…

    どんな姿でも、何がいけないの、
    パパが必死に葛藤して、泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んでいるそのありままの一生懸命に生きている背中を見せることは、息子さんにとっても、かけがえのない大切な経験をになっているはずです。

    私もどれだけもがき、足掻いたかしれません。
    けれど、自分の弱いところをこれでもかとつついてくる出来ごとに、これはある種、進級試験受かるまで、ずっと試されるのか…と感じはじめています。

    少しずつ、少しずつでも、一歩ずつ、一歩ずつ…
    大切なひとを守るためなら、寂しさ、哀しみを抱きしめながらも、笑顔のわりあいが増えこと、素敵なことだと思います。

    守れなかったという過去形ではなく、いまもママの笑顔
    を守っている途中なんですよね❤

    ほら!
    今日はみんなが集まってくれて、楽しくて、ママが微笑んでますよ❤

    • 御藤美絵
    • 2018年 2月 11日

    大きなパパの手と小さな息子くんの手……
    その先には笑顔のママが……
    涙が止まりません。
    清水さんのコメントを読めば読む程……💦
    そして奈緒さんとの「愛の証」を付けられている手が、いや指が痩せてしまって……
    でも今日は「3人一緒」 ゆっくりと過ごして下さい。
    涙が溢れてもいい…… 誰も邪魔しませんから。
    「笑顔のママ」……
    いつまでも 清水さんと息子くんの側で見守っていて下さってます様に……
    暖かいママの温もりが感じる1となります様に……

    私もお祈りしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA