「それぞれの場所で」清水健

小中学校の「先生」と、
幼稚園で「保護者」の皆様と、
看護学校で「学生」と。

講演会の舞台に立たせていただいている僕が、
皆様から本当に多くを学ばせていただいています。

「小さな一歩でも大丈夫ですよね」
「どんな笑顔でも、笑顔がきっと幸せを」

講演会の舞台、ご依頼いただく皆様の「想い」。

お越しくださる方々に、「ひとつの答え」、
を示すことができれば素晴らしいことなんだと思う。

でも僕にはまだそれはできなくて。

「それぞれ」、この言葉を使うと、
全部が「漠然」となってしまうのかもしれないけれど、

本当に「それぞれ」だから、「ひとつの答え」って…。

でも、その中で、「あっ」だったり、「そうだよな」、
どんな感情でも、考える、想う時間に、
少しでも、本当に少しでもなっていれば嬉しく思います。

僕自身がびっくりするくらい、
多くの気づきを皆様から与えていただいているから。

幼稚園の保護者の皆様との時間、
一緒の「時」を過ごしている同じ子育て世代。

いっぱいのご心配をおかけしているかもだけど、
こうやってお逢いできて、講演会後にも、
「また会いましょう!」「テレビでも!」とか、
普通に、近い距離で、話すことができている、

この時間を「次」につなげていきます。

そして、9月28日(土)12時開演
伊丹アイフォニックホール(詳細は後日!)。

看護学生と創る「ピンクリボンイベント」。

「看護学生」との時間、
どんな景色が待っているんだろう。

一年前に、講演会で出逢い、
その時のことをはっきり覚えていて、
何かを「一緒」にできたら!

一年生が二年生に、そして、新しい一年生、
今すごく忙しい三年生もみんながその日に向けて。

素敵な「未来の看護師さん」と一緒にできる喜び。

走り続けたい。走りたい。
つながりを大切にしたい。

皆様にありがとうございます。

清水健 KEN SHIMIZU
フリーアナウンサー/一般社団法人清水健基金

講演会/出演依頼等
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o2000072214064533899.jpg です

講演会/出演(一部抜粋)
6月30日、7月7日、7月18日、8月9日、8月12日


著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「35回目の月命日」清水健

  2. 「取材を受けて」清水健

  3. 「バタバタバタ…」清水健

  4. 「この時間…」清水健

  5. 「この街にいると」清水健

  6. 「あったかい…」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA