「つながり」清水健

2019年7月7日「七夕」。
またひとつ新しい「伝える」のカタチ。

「食と想い」のコラボ。
プライベートでもお世話になっている、

赤間シェフと、和歌山県加太「ひいなの湯」にて。

「みんな」でみた、
夕陽は、特別なものになりました。

太陽に向かって、「バイバイ」、
お越し下さっていた方のお子さまが元気な声で!

「バイバイ」、その言葉が、
今日の「おはよう」につながる。

その愛らしい言葉に考えさせられました。

今日も明日も明後日も、
おはよう、バイバイ、ありがとう。

「トーク&ディナーショー」、
食と想い、初めてのコラボでしたが、
いつも以上に「近い距離」で皆様と。

ピアニスト:愼さん
シンガーソングライター:屋富祖さん、ありがとう!

そして、皆様にありがとうございます!

あっ、七夕のお願いごとです。
この日もだけど、いつも元気いっぱいに、
パパ、行ってらっしゃいって、我が息子。

ソッと抱きしめてあげてくださいね。

「恐竜博士になれますように」
我が息子は七夕の短冊にお願いごとを。

うん、頑張れ!「一緒に」、応援するから!

清水健 KEN SHIMIZU
フリーアナウンサー/一般社団法人清水健基金

講演会/出演依頼等
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o2000072214064533899.jpg です

もう、セミが鳴いている。
2019年夏、何が待っているかな。


著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「折り紙…」「想いのリレー:動画」清水健 

  2. 「あったかい…」清水健

  3. 「親子です笑」清水健

  4. 「この時間」清水健

  5. 「つながる出逢い」清水健

  6. 「その先にあるもの」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA