「院内トーク&コンサート」清水健

今まさに「病」と向き合っていらっしゃる、
入院されている方々、ご家族の皆様との時間。

伊賀市立上野総合市民病院。

何ができるのかな、すごく不安だったし、
これでよかったのかどうかもわからないけど、

一緒に過ごさせていただいた時間の数分でもいい、
病室に戻られてからの数分でもいい、
少しでも心が笑顔になれるお時間だったら嬉しいです。

闘病しているお母さんをみて、
小学五年生の女の子が「かっこいい」って。
お母さんがその言葉に「ありがとう」って。

また教えてもらいました、
こんなにも「素敵な涙」があるということ。

そして、今を向き合っている方々を前に、
舞台に立たせていただく責任、言葉の温かさと優しさ、

「こんなにもみんなが頑張っている」。

無理なんてしなくていい、
泣きたい時は泣けばいい、そして、みんなで笑いましょう!

毎日の治療が辛かったり、しんどかったり、
ご家族との時間がなかなかとれなかったり、
少しでも心落ち着く時間だったら嬉しいです。

ほんの少しの「今できる」ことが、
もし、あるならば、続けていきたい。

あの時、僕たちは病室でどうだったかな。

いろんなことを思い出したけど、
こうやって皆様にお会いできて、
僕はマイクをもたせていただいている。

時間は「戻らない」けど、
心に「刻むこと」はできるのかな。

院内「トーク&コンサート」、
皆様にありがとうございます。

感謝
伊賀市立上野総合市民病院
公益財団法人伊賀市文化都市協会

昨年12月23日、伊賀市ふるさと会館いが
清水健/白井大輔
トーク&コンサート”笑顔”チャリティーライブ、

あの日の皆様の想いがこの日につながりました。
皆様に想いが届いています。ありがとうございます。

9月28日「ピンクリボンイベント」
出演:宝塚市立看護専門学校
皆様にお逢いできることを。
http://shimizuken.jp/2019/08/01/pinkribbon-19-9-28/

清水健/KEN SHIMIZU
講演会/出演依頼等
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o2000072214064533899.jpg です

講演会/出演(一部抜粋)
9月20日、9月28日、10月7日、10月12日、10月19日
9月20日 :兵庫県健康財団
9月28日 :ピンクリボン「トーク&コンサート」


著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「どーこだ」清水健

  2. 「マイクがついた絵本」清水健

  3. 「第一回の意味…」清水健

  4. 「想いのやりとり」清水健

  5. 「温かい一日」清水健

  6. 「大横綱から…」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA