一般社団法人清水健基金

清水の想い
月〜金のキャスター時代(2016年4月19日)
著書『112日間のママ』(手記)の印税をもとに、

一人でも笑顔の人が増えてほしい…、
一人でも悲しむ人が減ってほしい…。

一般社団法人清水健基金を設立。

週末の番組の休みを利用し講演会活動を開始。
自分でもびっくりするくらい多くの講演会のご依頼をいただき…、

それほど、「今」と向き合っていらっしゃる方々がいる、
だったら、もし、今できること、今しかできないことがあるならば…。

病とまた、病だけでなく様々なことと向き合っていらっしゃる方々がいる。
その中、グッと堪え、我慢していらっしゃる。
ならば、自分はどう思われてもいい、”ありのまま”の姿でマイクを握っていきたい。

それが、今の清水健だから。
その姿を通し、少しでもいい、あの時、今、これから、を皆様と一緒に考えていきたい。

そして、一緒に泣いて、笑いたい、大切な人のために…、今を生きるために。

一人でも笑顔の人が増えてほしい…、
一人でも悲しむ人が減ってほしい…。

明日の笑顔のために

=======================================================
一般社団法人清水健基金

清水健氏および、清水奈緒さんの意思を受け継ぎ、
必要な医療サービスが、必要とされる方々に行き渡り、
心身ともに豊かな生活が実現されることを目的とし、

○入院施設の充実 ○がん撲滅 ○難病対策 など
に取り組む団体や個人の事業へ「寄付」として「想い」を届けます。

清水健が月〜金のキャスター時代(2016年4月19日)
自身初の著書『112日間のママ』(手記)の印税をもとに設立。

同時に、多忙を極めたが、週末の番組の休みを利用し、講演会活動を開始。

さらに、様々な関係者様とのつながりから情報を集め、
今、必要とされている本当に大切な「場」へ、皆さからの「想い」を届けている。

現在、代表理事として、様々な交渉とともに、
『大切な人の「想い」とともに』
を主なテーマに、すでに200回以上の講演会の舞台に立ち、

皆様との「時間」を大切にしている。

そして、その講演会で感じた、温かい「想い」に応えたいと、
多くの心配の声、アドバイスもあったが、
自らの意志によって、一旦、テレビ・キャスター業から離れ、会社をも退職することを決断。

自治体、企業、学校、医療/看護関係、講演会依頼は多岐に渡り、
結果、「より多忙を極めることになった」が、
一般社団法人清水健基金の代表理事として、講演会、また助成活動を積極的行なっている。

自分の話していることが正しいなんて思ったこともない。
でも、少しでも「大切な人」を想ってくれる時間になってくれるならば、
一緒に、想い、考え、

少しでも「大切な人」のために
今できることを考える時間になってくれるならば、

自分自身が想い出すことがどんなんに辛くてもいい、
マイクを持ち、舞台に立ち続けたい。

そして、お声がけいただけるならば、またキャスターとして、
「伝える」から「伝わる」に
今、皆様が教えてくださっていることを。

助成先については、
代表理事・清水健の意思を尊重し、一般社団法人清水健基金理事会にて決定している。

これまでの寄付実績等は、
一般社団法人清水健基金 のHPから確認できます。

一般社団法人清水健基金は、皆様からの『想い』『ご寄付』によって成り立っています。
(清水自身も一般社団法人清水健基金へ寄付をしています)

皆様におかれましては、どうか、この活動にご賛同いただき、
この活動が拡く社会に行き渡るよう、ご理解賜れば嬉しく存じます。

【お振込先】

三菱UFJ銀行 玉造支店
(普)0108190
一般社団法人清水健基金

mailto:otoiawase@shimizu-fund.com
TEL.06-7162-2959
一般社団法人清水健基金 事務局(月〜金 10時〜18時 不定休)

一般社団法人清水健基金 清水 健<代表理事>
2016年4月19日 一般社団法人清水健基金設立
赤堀 順一郎<監事/顧問弁護士>
松尾 潤  <監事/顧問税理士>
aobaロゴ.jpg

  

Support

 

 

Facebook