清水健『笑顔のママと僕と息子の973日間』(小学館)

少しは前に進めたのかな…
それはわからないけど、前に進まないと..、

だって、「笑顔」があるから、
だって、「笑顔」を守りたいから、
だって、「笑顔」でいたいから、

だったら、息子と、家族と、仲間と、皆様と、大切な人と。

250回近くの講演会…、
その舞台上で感じさせていただいている温かい「想い」。

”何の意味があるのか、その意味を問い続ける”

『112日間のママ』は
あの時、今、その時、に向き合い、

『笑顔のママと僕と息子の973日間』は
あの時、今、その時、「これから」を
講演会等を通して感じた想いを伝えたい。

今できることを
今しかできないことを

大切な人のために
笑顔でいるために

2017年8月中旬から執筆をはじめ
ありのままの言葉で、一気に走りはじめた

2017年10月11日
妻・奈緒の32回目の月命日に第二作として発刊

あの時から973日目「これから」です

帯には“瀬戸内寂聴さん”のお言葉

多くの方に助けられ
多くの方に支えられ「今」がある

応えたい…、
言うのは簡単で できるかわからないけど

今をグッと我慢していらっしゃる方々がいる

だったら 僕に もし できるならば
何を言われてもいい 言葉にしていきたい 誰かが言わなくちゃ

正直 話す「言葉」と 書く「文字」の違いはあって
でも 「想い」が「言葉」となって羽ばたくと信じて

一人じゃない 皆様と一緒に

前を向きたい
笑いたい 大切な人のために

僕だけじゃないから
当たり前だけど どんな環境でも今を向き合っている方々と

今を一緒に考え
今を一緒に生きていきたい

Facebook