「その先にあるもの」清水健

山本育海くん。FOPという難病。
今は身体の向きを自分では変えられない。

口は0.3ミリしか開くことができなくて、
食事は、柔らかないものに限られている。

一度座ると、自分で立つことができない。

まだ治療薬はなく、進行している、
その「現実」と向き合うしかない。

受け入れる、簡単なことではなくて、
でもね、僕の横でニコッと笑顔を見せてくれている。

少ししんどそうな育海くんをみて、
「大丈夫?」「頑張ろうね!」
その言葉がうわべの言葉になっていないか。

今の自分にできることは…、
育海くんも、ご家族もそれしか考えていない。

それは「自分たち」のことだけではなく、
FOPという「病」に向き合う方々、
研究者の方々、応援してくださる方々へ。

僕たちが「病」を治せるわけではありません。
でも、できることが、本当に小さなことでも、
もし、あるならば、全心で「寄り添い」たい。

「寄り添う」、違うかな…、
少しでもわかりたい、そう思います。

11月9日、育海くん応援イベント、
明石市で、行わせていただきます。

逆に負担になってしまわないか…、
その不安もあるけれど、
こうやって皆様がいてくださるから、

育海くんが向き合っている「現実」に、
少しでも、ほんの少しでも一緒に向き合いたい。

またイベントの詳細は後日、話させてください!

育海くんが、皆様が、ニコッと笑ってくれる、
これからにつながる「一日」になればいいな。

皆様にありがとうございます。

清水健 KEN SHIMIZU
講演会/出演依頼等
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o2000072214064533899.jpg です

講演会/出演(一部抜粋)
7月7日、7月18日、8月9日、8月12日


著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「みんな、すごいです」清水健

  2. 「兵庫県公館にて」清水健

  3. 「傘をもつから」清水健

  4. 「折り紙…」「想いのリレー:動画」清水健 

  5. 「白井大輔との出逢い」清水健

  6. 「つながる出逢い」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。