「2019.9.28から」清水健

ピンクリボンイベントを振り返って

2019年9月28日清水健ピンクリボンプロジェクト。

ピンクリボンイベント

看護学生と一緒に、今回、
二曲のピンクリボンの「言葉」「楽曲」ができました。

「結(ゆい)」〜結ぶピンクリボンの歌〜
「こわがらないで」〜つなぐピンクリボンの歌〜

歌詞

「久しぶり?」
三週間ぶりにあった学生たちは、
やっぱりキラキラと輝いていて。

学生から手渡されたアルバムには、
みんなの言葉が記されていました。

アルバムの一ページ

そこには、「みんなを想う」、
心優しい看護師さんとしての言葉、
また、ひとりの学生としての言葉。

全てを読ませていただいて、改めて、
みんなと一緒に舞台に立ててよかったって。

ピンクリボンTシャツ

「産学連携」、新しいカタチのピンクリボン。
その答えは、まだまだ「これから」なんだと思う。

時間がかかるものだと思う。
明日、検診率があがるものでもない。

乳がん検診率

ただ、心のどこかに少しでも感じてほしい。
「乳がん」「乳がん検診」
「今できること」「自分ごととして捉える」
もし、そうあったならば、嬉しく思います。

男子看護学生

参加してくれた男子学生の一人、
奥様からもメッセージをもらいました。

イベント後、「動画に一言お願いしてもいいですか」、
今、奥様は授乳中らしく、
落ち着いたら検診に行ってもらいたいとのことだった。

「その勇気を、一歩を、一緒に伝えてください」と。
そのメッセージに対して奥様からの感謝のメッセージ。

ありがとうの言葉

「今、伝えたいメッセージ」、
大切なあなたへ 未来のじぶんへ

命と向き合う、命を考える、人に伝える、

僕は正直に、心がまいっていて、
でも、「続けてきて」よかった、

本当にそう思わせてくれました。

歯を食いしばり

会場に起こしいただいた皆様と、
看護学生みんなと一緒に創りあげた時間。

この時間が「これから」に、
笑顔の人がひとりでも増えてほしいと心から。

ピンクリボン、乳がん検診、早期発見、
大丈夫を確かめることにつながることを願っています。

願い

多くの方の想いのおかげで、
このようなカタチで表現できました。

妻へ

「もういいですよ」「休めてますか」、
もしかしたら、そう言うかもしれない。

でもそれ以上に、皆様に、
「ありがとうございますを伝えてくださいね」、
って、言っていると思う。

…、直接、聞かせてくれればいいのに。
と思うから、正直に、心しんどい時もありますが、
やっぱりマイクがあるならマイク一本握っていこう、

マイクを握る

「言葉」「伝える」に、
いろんなカタチで向き合っていこうと思います。

宝塚市立看護専門学校24・25 期生有志のみんな、
学校長はじめ先生方、本当にありがとうございます。

今の二年生とは昨年の講演会からのつながりで、
一年生は初めてだったけど全員が参加してくれました。

宝塚市立看護専門学校

終わりましたね、ではなく、
始まりましたね、それぞれのカタチで、だといいな。

CD制作しました

うん、これからも伝えていこうね。
歌詞にある「私たちの願い、みんながいるから大丈夫」。

2019年10月ピンクリボン月間

皆様にありがとうございます。

2019年10月 ピンクリボン月間
「ピンクに染まる心のリボン」、
今日も多くの場で結ばれますように。

清水健講演会

2019年11月9日 〜今を向き合う方々と一緒に〜
「清水健チャリティー講演会 with 白井大輔」
https://shimizuken.jp/2019/10/07/charitykenshimizu/

清水健 講演会/出演依頼等
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は o2000072214064533899.jpg です

講演会/出演(一部抜粋)
10/19、20、24、26、27、28
11/1、2、9、13、14、16、17、23、27、30 他


著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「はじまり、と、おわり」清水健

  2. 「この時間」清水健

  3. 「ちょこっとリハーサル風景」清水健

  4. 「2人の時間」清水健

  5. 「向き合ってみよう」清水健

  6. 「あと4センチ!」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。