「同じ目線で」清水健

講師として

この日は平日18時からの講演会でした。

保護者、教職員の方を対象にして、
感謝の気持ちを学び認めあう仲間づくりを目指す、

「人権教育のカルチャースクール」
講師として、お招きいただきました。

大阪市立刈田小学校

2019年11月13日(水)
大阪市立苅田小学校体育館。

お忙しい時間帯にも関わらず、
お子様と一緒に、また、授業終わりの教職員の方々。

お子様も一緒に

学校関係での講演会も続いていますが、

同じ親世代として、同じ目線で、
子どもたちのために、学校の一員として、
地域のために、親として何ができるのか、

校長先生から、人権を考える上で、
根幹にあるのは「思いやる心」とのお話からはじまり、

PTAの皆様と

直接、お会いできるからこそ、
顔を合わせ話しかけ一緒に考える、

もちろん、この時間が全てではなく、
ただ、少しばかりでも今を振り返る、

皆様との貴重なお時間になっていれば嬉しく思います。

涙も流し

多くの方が、子どもたちの子育てに、
お友だち関係だったり、病だったり、
様々なことと向き合い、日々を過ごしていらっしゃる。

講演会後に「実は、家族が病で」。
小さな声で話しかけてくださいました。

大きな声でいうことではないし、
言う必要がないことかもわかりません。

でも、こうやって話しかけてくださる。

心の中を話す

病を治せるわけではありませんが、
このように「心を開いて」くださる、

この時間があってよかった、
皆様にお会いできてよかったと心から思います。

我慢も必要だと思います。
でも時には周りを頼ってほしい、
みんなが思ってくれているから。

こうやって「話せる場」をこれからも、
皆様と一緒に創っていければ嬉しく思います。

ご準備等も大変だったと思います。
講演会が終わって急いで帰宅する方も。

PTAの方々と

なかなか、うまくいかないことや、
心とは別に、イライラしてしまうこともあると思います。

僕もそうです。

その日々の中で、ご家族で、また、少しお時間ある時に、
未来の子どもたちのために、
それぞれに今できることを考える、
この時間が、そのようなお時間につながれば嬉しいです。

ご参加くださった皆様、
苅田小学校PTAの皆様、

皆様に心より感謝申し上げます。

本日は中学校での講演会になります。
生徒のみんなと温かい時間になりますように。

また急きょではありましたが、
日々の生活が忙しい中、
だからこそ、自分のことは後回しではなく、
今できること、大丈夫を確かめる、

ピンクリボンのうた

白井大輔さんが来てくださり、
清水との楽曲「結」結ぶピンクリボンのうたを。

大切なあなたへ 未来のじぶんへ
自分をも考える日々であることを願っています。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会依頼

講演会/出演(一部抜粋)
11/14、16、17、23、24、27、30
12/1、2、3、7、10、11、21、22、27 他

11月14日:吹田市内公立中学校講演会(一般応募なし)
11月16日:比叡山中学・高等学校講演会(一般応募なし)
11月17日:医療法人橘会フォーラム(一般応募なし)
11月23日:西脇市社会福祉協議会福祉大会
11月27日:私立高等学校人権講演会(一般応募なし)
11月30日:綾部市内高等学校講演会

12月02日:姫路市内公立中学校講演会(一般応募なし)
12月03日:大阪市内医療機関講演会(一般応募なし)
12月07日:摂津市人権を考える市民のつどい

クリフム
一般社団法人清水健基金

著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 「この時間が」清水健

  2. 「今日は」清水健

  3. 「大阪→近江八幡市→明石市→大阪」清水健

  4. 「皆様の言葉」清水健

  5. 「沖縄へ」清水健

  6. 「どんな時も!」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。