「ありがとうの言葉」

感謝

皆様に「ありがとう」ございます。

弱い自分だったりが顔をだす時もあるけど、
その「今」を受け入れられる心でいたいです。

「大変なこともあるけど大変じゃない」。
「笑えない時もあるけど笑っていたい」。
矛盾している言葉だけど、そう思えています。

だからこの今に「ありがとう」ございます。

息子と手をつないで

「パパと約束したから」と朝早くから起きて、
しんどかったと思うけど、歩き続けた1125メートル。

ずっと一緒です

我慢させていることもいっぱいだけど、
一緒に歩いた時間を「これから」も続けたい。

皆様に支えられての「今」です。
僕たちが今あるのは皆様がいてくれるから。

ありがとうを伝えていきたいです。

続く道

どれだけ歩いても「まだまだ」で、
でも歩いている途中に気づくことはいっぱいあって、

金剛登山

「しんどかったよね」の言葉のあとに、
自然と「今度はどこにいこうか」の言葉。

頂上でみた景色

いつもだけど「これから」なんだと思います。

いろんな「カタチ」で、いろんな「場」で、
言葉に向き合い、伝えるにこだわっていきます。

金剛山

家族にありがとう。息子にありがとう。

2019年、ありがとうございます。
皆様に心から、ありがとうございます。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会依頼

2020 講演会/出演(一部抜粋)
1/19、21、24、25、29 他

1月19日:患者・家族、県民のための公開講座
1月21日:済生会病院(一般応募なし)
1月24日:兵庫県PTA協議会(一般応募なし)
1月25日:栗東市青少年育成市民会議50周年
1月29日:丹波篠山市愛育会交流会

クリフム
一般社団法人清水健基金

著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 400名のご来場者

    「西脇市にて」

  2. 「帰れる場所」清水健

  3. 盆踊りに…

  4. 特別講演会(10月16日)

  5. 伝えることが好きです

    「公開講座」

  6. 最高の時間

    「この日の舞台上で」清水健

コメント

  1. ありがとうございますの言葉をお伝えしたはずが、逆にありがとうございますの言葉をいただいていました。摂津市での講演会に参加した者です。亡き妻のこと忘れません。忘れたら妻は本当に亡くなったことになります。今は成人し、家族を持つ息子たちのためにも、妻の頑張りや息子たちへの愛情を伝え続けます。今朝、清水健さんのブログで摂津市での講演後のコメントを拝見し、うれしかったです。私にとってのお年玉プレゼントになりました。ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。