「この日に」

震災から学ぶ

いつもは電車、この日はバスで、
学校まで向かった高校3年生の時。

バスから見えるいつもと違う風景、
状況を理解する余裕があったかな。

何をしたらいいのかわからない、
何もできな高校生の自分がいました。

「知る、逃げる、備える」。

東日本大震災でも‪多くの取材をさせていただき、‬
教えていただいこと、‪守りたいものがあるからこそ。‬

自分たちの状況よりも、守るために、
僕たちに伝えてくれた、生きるということ。

備蓄品を確認してみる。
家具の補強を確認してみる。
避難場所を確認してみる。

「大丈夫かな」、その会話が、
それぞれの環境で、この日に。

家族だったり、ご近所さんとも。

‪声をかけあい、輪となって。‬
‪阪神淡路大震災から25年です。‬

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会依頼

2020 講演会/出演(一部抜粋)
1/19、21、24、25、29 他

1月19日:患者・家族、県民のための公開講座
1月21日:済生会病院(一般応募なし)
1月24日:兵庫県PTA協議会(一般応募なし)
1月25日:栗東市青少年育成市民会議50周年
1月29日:丹波篠山市愛育会交流会

クリフム
一般社団法人清水健基金

著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. ガチガチを…

  2. 息子の手

    「56回目の月命日」清水健

  3. 「舞台の上で」清水健

  4. 集められた秋

    「体重計にのって」

  5. 盆踊りに…

  6. 息子へのラブレター

    「可愛いお手紙」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。