「浜松市にて」

清水健講演会

静岡県浜松市、初めての場所。
やっぱり、緊張するものです。

2020年2月1日(土)
公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会
ライフサポートセンターしずおか
講演会講師としてお招きいただきました。

清水健アナウンサー

病と向き合う本人、家族が、
どう感じているかを知ることによって、

寄り添うことを考えるきっかけに、
また、予防にもつながるのではと、
早い時期からご依頼をいただきました。

浜松市にて清水健講演会

伝えることに、悩むことも、
伝わるのか、不安にもなります。

しかも、僕のことを知らない方がほとんど。

でもやっぱり、「想いは一緒」、
改めて、言葉の優しさを感じました。

天橋立からも会いに

講演会後にも皆様から多くのお声がけ、
また、皆様に背中を押していただきました。

病に対する本人、ご家族への理解へ。
そして、私たちが「今」できること。

少しばかりでも、皆様と一緒に、
考えるお時間であったら嬉しいです。

清水健ブログ

講演会後の触れ合いの時間。
ひとりの男性が、
ずっと待ってくれていました。

「実は僕、昨年、妻を亡くしました」。
その言葉には悲しさとともに力強さも感じました。

お子様が1歳になる前だったと。

辛い、不安、どうしたらいい。
今の想いをこんな僕に話してくださり。

シングルファーザーとして

両親のことだったり、生活のこと、
奥様のご両親のこと、
再婚は?幼稚園は?会社は?子育ては?

聞きたいことがいっぱいあるんだと思います。
悲しくて、不安で、でも毎日がやってきて、
これであっているのかわからない時もあって。

一緒のカタチはないとわかっていても、
確認したいことがいっぱいあるんだと思う。

清水健とは

僕には「ひとつ」の生き方しか言えなくて、
それが、その方に当てはまるはずもなくて。

なのに初めて会う僕に話してくださる。
なんにもできないけど、
話を聞ける「ひとり」の存在でいたい。

一緒に頑張りましょうね。
簡単じゃないけど、頑張りましょうね。

112日間のママ

こういった出会いを大切にしたい。
こういった出会いがあるなら、
やっぱり「伝える」を続けていこう。

みんなと一緒に。今できること。
皆様にありがとうございます。
大切なあなたへ、未来のじぶんへ。

この扉の向こう

ご参加くださいました皆様、
公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会様、

皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会依頼

2020 講演会/出演(一部抜粋)
2/22、23、29 他

2月22日:高知市立愛宕中学校(一般応募なし)
2月23日:ライオンズクラブ国際協会
2月29日:RDD大阪2020

クリフム
一般社団法人清水健基金

著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648
『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 清水健講演会

    「丹波篠山市で」

  2. ごっこ遊び!

  3. 息子へのラブレター

    「可愛いお手紙」

  4. 「おやくそく」清水健

  5. 【感謝】”笑顔”を…

  6. 手を繋いで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。